デモCDを作ってライブ会場限定で発売しよう!

今回は、

「デモCDを作ってライブ会場限定で発売しよう!」です。

デモ音源を販売?

 

 

完成してないのにいいのかな?

販売してもいいと思いますよ!

需要があれば、ファンの方は喜んでくれるはずです!

 

今回は、そのデモCDについて考えてみましょう。

 

スポンサードサーチ

デモCDとは何か

デモとは、

簡単に言うと、完成する前の段階での状態の事です。

僕の場合は、ワンコーラス(1番)くらい出来るとデモリスト仲間入りして、

大体こんな感じの曲ですってわかる状態です。

 

デモの段階でCDにする人はなかなかいないと思いますが、

そこをあえてCDにするのです。

 

CDにすると言っても、

パソコンでCD-Rに焼くんですよ!

わざわざプレス依頼なんてしませんよ!

 

市販の音楽用CD-Rに収録曲をパソコンでコピー(焼いて)して、

盤面にタイトルや曲名などをインクジェット印刷しましょう。

そして、ケースに入れれば完成です。

 

全て自分で作れば、売上金も全て自分のです。

レコーディングも宅録で出来ちゃえば、ほぼほぼ制作費なんて音楽用CD-R代くらいです。

 

 

何がいいって可能性が無限大

このデモCDって…
すげーいいアイデアだと思いません?笑

もともとあるオリジナル曲に対しての

 

POINTデモ

(デモ テイク7、思いついた時のデモ など)

 

アレンジ

(ボーカルアレンジ、ストリングスアレンジ など)

 

ミックス

(ラフミックス、フェイクミックス など)

 

バージョン

(アコースティックバージョン、2mix バージョン など)

 

年代

(’15_june、2018.10.10 など)

 

フューチャリング

(feat.◯◯、◯◯とユニット など)

 

もちろんそれなりのアレンジなどが必要な場合もありますが、

とても幅広く使えると思います。

可能性が無限大です!

 

ただ注意しなければいけないのは、著作権の問題です。

CDや配信などで著作権登録をした楽曲の使用は控えましょう。

のちのち問題になると困るので。

 

狙いはライブの集客

どこの部分に価値を見い出すかですけど、

このデモCDに関しては、ライブ会場限定販売でいいと思います。

 

ネット販売もすれば、売上枚数が増えるかもしれませんが、

ライブ会場限定にすれば、ライブきてくれる方も増えるかもしれませんよ!

何よりライブに足を運んでもらうことを考えてもいいと思います。

 

リリースライブや、配信ライブなどの発売系ライブ

バースデーライブやクリスマスライブなどのイベント系ライブ

とは被らないような日程でこっそりと年に1度か2度くらい、

リリースフリーライブするくらいがいいと思います。