『活動』しないと意味がない

シンガーソングライターになりたければ『活動』する!

スポンサードサーチ

ライブハウスで歌う

知らないだけで世の中には沢山のライブハウスがあります。地元にも結構あったり?

ライブハウスでの出演はほぼ出演料がかかります。

例えば、30分の出演時間に対して、2000円のチケットを15枚分や、1時間の出演時間で3000円のチケットを20枚分など、これはライブハウス側からの提示がほとんどでしょう。ちょっと高いですよね。

始めからお客さんがいっぱいきてくれるわけもないですし。さらに言うとライブハウス側はこのチケット代にドリンク代として1ドリンク500円など、2ドリンク1000円などをプラスします。どんどんお客さんの負担が多くなる=アーティスト側の集客などに影響する
というサイクルが生まれているのかもしれません。

もちろんノルマ(指定された枚数)以上にお客さんが来てくれたら全額貰えるはずと思いきや、半分しか戻ってこないということも多々あります。もっと出演料や入場料などが今より3割くらい下がればもっとライブする人も増えると思うし、ライブハウスにも気軽に行けるようになるのではないかなと思います。1つ言えるのは箱(キャパ人数)が大きいと出演料金は高くなる。という印象です。

ライブハウスでの対バンライブは何組かのアーティストでライブをすることです。目的としては、他のアーティストのファンの方に自分の事を知ってもらえるチャンスがあるということ。
ワンマンライブは自分だけでライブをするということです。目的としては、対バンライブよりファンの方に楽しんでもらえること。対バンライブよりやはりワンマンライブの方がファンの方は楽しんでくれます。

まずは歌ってみたいライブハウスを探して、思い切ってライブハウスに電話したり楽曲を送ってみてはいかがでしょうか!

 

フリーライブで歌う

これもまた調べると意外と多くの場所で募集しています。
これはオススメです。ファンの方も無料で見に来れるし、街ゆく方にもアピール出来ること。さらにその場所が歌うことが可能なスペースということ。ストリートライブでは、ほとんどの場所で歌うことが可能なスペースではありません。
でも人気スポットなだけあって競争率が高いですので根気よく頑張ってライブをさせてもらえる日をゲットしましょう。

学園祭や文化祭、商店街のイベントやショッピングモールなど色々なところでフリーで歌わせてもらえる場所はありますよ。

フリーライブの目的としては、新規のファン獲得と、見にきてくれたファンの方との交流です。ライブハウスではライブ前後はなかなかトークする時間はありませんが、フリーライブの場合は時間に余裕があることが多いです。せっかくなのでファンの方とお話ししましょう。

そして、ライブ自体が観覧フリーなので、物販に手を伸ばしてくれることも多いです。

有名なアーティストのように年に1回や2回というライブのペースではなく、売り出し中のアーティストなので月に何回もライブをすることもありますよね。その度に有料ライブに来てもらって物販買ってもらうことって相当ファンの方に負担があります。なのでフリーライブもたまには行いましょう!

ストリートライブで歌う

最近ではストリートライブが出来る場所が少なくなってきていますよね。

怒られるの覚悟でやるには勇気が入りますが、大きな駅の付近でやるのは効率的です。

今の時代、街中で音楽が流れているのでその中で目立つにはなかなか難しいです。とあるアーティストさんが「サビはもちろん、AメロもBメロもインパクトのあるメロディを作る」これは凄く難しいことですが、このアーティストさんは見事ストリートライブでもすぐに人だかりが出来るほどでした。

ストリートライブでの物販は気をつけましょう。その場所で物販をしても大丈夫なところとNGなところがあります。僕の場合はストリートライブでは物販するというよりはチラシを配ることを意識しました。なのでチラシの制作は欠かさずにしましょう!それともしくは面白いことをしてネットでの拡散を狙ってみては?

ライブスケジュールカレンダー制作

ライブハウス、フリーライブ、ストリートライブなどいろいろなことを踏まえて、ライブのスケジュールを立ててしまいましょう!イメージで!

パッと見わかるような年間のカレンダーにがいいかもしれません。

まず、何を目標とするか。ワンマンライブ?CD発売ライブ?バースデーライブ?なんでもいいと思います。これは「ゴールではなく新たなスタートライン」という考え方にしましょう。ただ目指す場所がないと計画も立てれません。とにかくどこを目指すかです。

その目指す日に向けてどうやってライブをするかを考えてください。

有料ライブが多すぎるとファンの方に負担が多くなるし、フリーライブやストリートライブが多すぎるとファンの方に無料ライブでも満足という風に思われてしまうこともあるので、いろいろなことを考えなくてはなりません。