明け星 / LiSA【楽曲レビュー】もっとピックアップされていいのに!

楽曲レビュー

タイトル:明け星
アーティスト:LiSA

テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編 オープニングテーマ

作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記

オフィシャルサイト:http://www.lxixsxa.com/
YouTube動画:https://www.youtube.com/watch?v=yGcm81aaTHg&t=10s

発売日 or 配信日:2021.11.17

楽曲を初めて聴いた時の
『第一印象』で感じた事を書き綴ります。

目次にて

最安プラン月500円。曲を聞くだけでポイントも貯まる

楽天ミュージック

鬼を感じされられる

鬼感がすごい。ストリングスのリフでこんなにも鬼感が出せるのか。1番〜2番の間奏部分も怖いしさ。

煉獄さんの映像も頭の中でよぎってくるのが不思議だ。

「紅蓮華」「炎」と続けてのヒットソングになることは間違いない。

2番に難易度が高い箇所あり

Bメロかな?難しいメロありましたな。

しかも間奏前の1音のロングトーンで「その音〜?」って感じた。

でもこの音にする意味があるんだな。

LiSA=鬼滅の刃

LiSAさん=鬼滅の刃の印象になっている自分の耳。

もうLiSAさんの声以外は鬼滅の刃で受け付けないだろう。

妖しさと色気

まさに妖しさがすごい。

MVの雰囲気や動き、仕草、服装、目線など色気の中に怖さもあり、そそられながらも踏み込めない女豹のような感じ。

LiSAさんは色んな顔があるなーとドキドキ。

サビで転調してる?

サビまではとても妖艶で不思議で暗めな印象だけど、サビになると一気に明るくなるし、ポップ要素が増す。

歌詞としても、サビで太陽(光)が見えるとの表現をしている。

歌詞と同調していて聞いていて気持ちがいいし、サビのメロが歌いたくなるようになる

好きな歌詞

迷っても嘆いても生命(いのち)は 明るい方へ手を伸ばすから

コメント

タイトルとURLをコピーしました