なんとなく1日が過ぎていくのが嫌だ

(※今日カラオケ行った時の写真。晩餐歌中)

なんとなくな1日が過ぎていくのが嫌なんです。

何か変化や進化、成長、刺激がないとその1日が無駄な時間だったと感じてしまう。

これはもう何かの刺激依存症的な?笑
もしくは不安症とも捉えることができるなもしれない。

目次

時間は止まらない

今年で43歳になる自分がいて、
時間だけが止まってくれることなく進んでいく。

当たり前に仕事してるけど、
週6定時で仕事に行き、
5時に起きて18時には帰宅する。

んでお風呂入って、夕飯いただいて、21時には寝床に入りまた次の日。

この生活だけでは満足できない。
アホかもしれないがまだまだ動ける。

でも夜の睡魔には敵わないし、家族との時間は何よりも大切。

ってことは朝早く起きて刺激を求めるしかないわけになる。

今は4時台に起きて資格の勉強をしている。

「第二種電気工事士」の資格を勉強してる

まだ合格してないから言いたくはなかったけど、

過去に芸能界に足の小指くらいは入れちゃったから、

まだどこか自分には芸能的な魅力があるのではないか?と信じ期待していたわけだけど、

色々試してみたものの成果が現れない。
諦めるのが早いのかそれとも道を間違えてるのか、はたまた個人として魅力がないのか。

どちらにせよ、今生活をしている業界、建築業界で生きていかなきゃならんのか。と半分気持ちを括って、

建築の幅を広げるべく

電気工事士の資格にチャレンジしてる

電気工事士の魅力についてはまた別記事で書くけれど、これもやはり刺激が欲しくて始めたのもある。

別に大工業で食っていけばいいんだし、わざわざ今更?電気工事士の資格を取る必要もないんだけどさ。

やっぱこのまま朽ち果てていくのに耐えられないんだよな。

いつからこんな性格になっちまったんだろうか

目立ちたい?間違っちゃいないけどなんか違う。

有名になりたい?多分どの業界でもいいんだと思う。何か影響力がある人になりたいのは間違いない。

これからも色々挑戦してくさ。
諦めんよ。これが俺なんだわ。

ってこういう文章?って需要あるん?(笑)
無いだろうな。

よかったらシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次