back number “バックナンバー” の曲・声質・歌声【まとめ】

スポンサードサーチ

back number

スポンサードサーチ

back numberについて

back number

バックナンバー

日本の3人組・ロックバンド

2004年結成

バンド名の由来

「付き合っていた女性をバンドマンにとられた。彼女にとって、振られた自分はback number(型遅れ)だから」 という意味。

back numberのメンバー

*トップ画像の写真左から

小島 和也(こじま かずや)

小島 和也(こじま かずや)

ベース / コーラス

1984年5月16日

群馬県伊勢崎市出身

清水 依与吏(しみず いより)

清水 依与吏(しみず いより)

ボーカル / ギター

1984年7月9日

群馬県太田市出身

栗原 寿(くりはら ひさし)

栗原 寿(くりはら ひさし)

ドラム

1985年7月24日

群馬県伊勢崎市出身

back numberの代表曲&ヒット曲

クリスマスソング

back numberの代表曲でありヒット曲。

石原さとみ、山下智久 主演ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』主題歌

高嶺の花子さん

こちらもとても有名な曲で元SMAPの中居正広がお気に入りの曲でテレビで紹介

花束

歌詞のセンスが素晴らしくメロディラインもとても良い

ハッピーエンド

恋愛ソングといえばback number。

福士蒼汰 主演映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』主題歌

back number・清水 依与吏の声質・歌声

声質分析

こちらは私が分析、制作した声質のイメージ画像ですので参考にしてみてください。

清水 依与吏 声質分析

地声とウィスパーボイスとファルセットボイスを巧みに使い分けるのが印象的です。

とても繊細な声質と感じます。

切ない声がとても良く恋愛ソングといえば!

といわれるほど歌詞も良いのですが感情もダイレクトに伝わってくる声質です。

歌声分析

こちらは私が分析、制作した歌声のイメージ画像ですので参考にしてみてください。

息の量や声をあてる位置は曲によって違います。

清水 依与吏 歌声分析

声をあてる位置は高めだと思います。

高音の声がとても良く息の量も多い場合が多いです。

声をあてる位置というのはイメージとしては、

声の軸がどの位置にあるかを示しています。

人の絵を自分だと仮定し、●の位置に向かって歌うようなイメージです。

back number・清水 依与吏のようになるボイトレ方法

*分析中

back number【まとめ】

歌詞も独創的で、メロディーラインも良い曲が多いです。

back number =恋愛ソングというイメージをお持ちの方もいると思いますが、

恋愛ソング以外の曲もとても良い曲が多いです。

個人的に清水さんの歌い方をマネてみれば色々なことを学べると思いました。

ぜひ、沢山の曲を聴いてみてください。

そして、歌の方も練習して上手に歌ってみてくださいね!