ビットフライヤーで購入できる仮想通貨一覧

こんにちは、ハル()です!

2022年も残り1ヶ月ほど!!
怪我や病気なく過ごしましょう!

Amazonでやってるよ⬇︎

ビットフライヤーで購入できる仮想通貨一覧

仮想通貨取引所によって扱っている仮想通貨が異なります。

ビットフライヤーは仮想通貨取引所の中でもトップクラスの取り扱い通貨が多く、豊富で有名です。

せっかくなら色々な仮想通貨を買える取引所が良い!!

とその前に、ビットフライヤーの口座開設はお済みですか?

あわせて読みたい
ビットフライヤーの口座開設もちろん無料で口座開設 仮想通貨の取引をするならビットフライヤーという方も多いのではないでしょうか 実は、私も2020年頃に口座開設をし...

2022年11月の時点で、17銘柄

銘柄って呼びます

ビットフライヤーで購入できる仮想通貨一覧

アイコン単位名称
BTCビットコイン
XRPリップル
ETHイーサリアム
MATICポリゴン
MKRメイカー
XMYシンボル
LINKチェーンリンク
DOTポルカドット
XTZテゾス
XLMステラルーメン
XEMネム
BATベーシックアテンショントークン
ETCイーサクラシック
LTCライトコイン
BCHビットコインキャッシュ
MONAモナコイン
LSKリスク

いくつかの銘柄は聞いたことがあるのではないでしょうか。

それでは、それぞれを解説していきます。

ビットフライヤーで購入できる仮想通貨一覧

それではいきましょう!

目次

ビットフライヤーで購入できる仮想通貨一覧

ビットコイン|BTC

ビットコインは、2008 年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文の中で構想が示され、それを受けて運用が開始された仮想通貨です。

通貨単位BTC
発行上限枚数2100万枚
特徴国際決済に特化
時価総額ランキング1位(約76兆円)
取り扱い取引所コインチェック
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・ビットバンク
発行開始日2009年1月3日

リップル|XRP

リップルは、アメリカを拠点にした「Ripple Inc」という会社で管理・運営が行われている通貨の決済や送金に特化した仮想通貨です。

ビットコインをはじめ多くの仮想通貨が使用しているブロックチェーンなどの非中央集権型とは異なり、金融のように中央集権型が使用されています。

通貨単位XRP
発行上限枚数1000億枚
特徴2通貨間の送金に特化
時価総額ランキング6位(約2兆6,200億円)
取り扱い取引所コインチェック
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・ビットバンク
発行開始日2012年9月

イーサリアム|ETH

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称です。スマートコントラクト(自動契約技術)を導入し、あらゆる取引がブロックチェーン上で実行できるため、改ざんが不可能なプログラムでの取引で持ち逃げなどの不正からも守られるといったメリットを兼ね備えています。

通貨単位ETH
発行上限枚数上限なし
特徴スマートコントラクトを実装
時価総額ランキング2位(約28兆円)
取り扱い取引所コインチェック
・GMOコイン
・ビットフライヤー
・ビットバンク
発行開始日2015年7月30日

ポリゴン|MATIC

ポリゴンは、手数料の高騰や処理速度の低下などイーサリアムブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題を解決、補完する為に作られたサイドチェーンです。 ブロックチェーンゲームや NFT、DApps など様々な分野でユーティリティトークンとして実際に活用されています。

通貨単位MATIC
発行上限枚数100億枚
特徴イーサリアムのセカンドレイヤー
時価総額ランキング10位(約1兆円)
取り扱い取引所・ビットフライヤー
発行開始日2017年10月

メイカー|MKR

メイカーは、2017年にMaker DAOによって作られたコインです。DeFi(分散型金融)プロジェクトのひとつであるMaker DAOは、もうひとつのコイン「DAI」の発行・管理・レンディングプラットフォーム「Makerプロトコル」を提供しています。

通貨単位MKR
発行上限枚数1,005,577枚
特徴資本構成のための資金調達を行う
時価総額ランキング57位(約890億円)
取り扱い取引所・ビットフライヤー
発行開始日2017年11月25日

シンボル|XMY

シンボルは、日本でも人気が高かった仮想通貨ネム(XEM)をアップグレードしたブロックチェーンプロジェクトです。

通貨単位XMY
発行上限枚数89億9999万9999枚
特徴すでに存在しているネムをアップデートして生まれた暗号資産
時価総額ランキング110位(約410億円)
取り扱い取引所コインチェック
・ビットフライヤー
発行開始日2021年3月

チェーンリンク|LINK

チェーンリンクとは、実世界の様々なデータとイーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトを接続する機能を持った分散型サービスです。

通貨単位LINK
発行上限枚数上限なし
特徴外部ツールにブロックチェーン技術を活用できる
時価総額ランキング21位(約5270億円)
取り扱い取引所・ビットフライヤー
発行開始日2017年9月

ポルカドット|DOT

ポルカドットは、複数の異なるブロックチェーン間の相互接続を可能にするブロックチェーンプロジェクトです。

通貨単位DOT
発行上限枚数10億7,000万枚
特徴高いセキュリティ性能
時価総額ランキング11位(約1兆1,600億円)
取り扱い取引所・ビットフライヤー
発行開始日2017年10月

テゾス|XTZ

テゾスは、スマートコントラクトや分散型アプリケーションでの利用に適したブロックチェーンプラットフォームです。

通貨単位XTZ
発行上限枚数上限なし
特徴バグやエラーが発生しても事前にはじく仕組み
時価総額ランキング33位(約2,460億円)
取り扱い取引所・ビットフライヤー
発行開始日2017年7月

ステラルーメン|XLM

ステラルーメンは、SDF/ステラ財団という非営利団体が開発、管理・運営を行っている中央集権型の仮想通貨です。安価で使いやすいグローバルな決済システムを作ることで、より多くの人々が金融サービスを利用できるようにすることを目標としています。

通貨単位XLM
発行上限枚数1兆枚
特徴中央集権的
時価総額ランキング25位(約4,600億円)
取り扱い取引所コインチェック
・GMOコイン(取引所のみ)
・ビットフライヤー
・ビットバンク
発行開始日2014年7月

ネム|XEM

ネム(NEM)は正式名称「New Economy Movement」の頭文字からきています。国や政府が管理する既存の枠組みではなく、分散化、経済的な自由、平等といった原則に基づいた新しい経済の枠組みを確立することを目標としています。

通貨単位XEM
発行上限枚数89億9999万9999枚
特徴決済通貨として受け入れている店舗がある
時価総額ランキング87位(約590億円)
取り扱い取引所コインチェック
・GMOコイン
・ビットフライヤー
発行開始日2015年3月

ベーシックアテンショントークン|BAT

ベーシックアテンショントークンは、パブリッシャー、広告主、ユーザが取引に利用できる新しい種類のトークンです。BATを使うことで、デジタル広告の効率性が劇的に向上します。BATの取引はすべて、Ethereumのブロックチェーン上で行われます。

通貨単位BAT
発行上限枚数15億枚
特徴Web広告を発注するユーザーの課題解決のために生まれた仮想通貨
時価総額ランキング75位(約780億円)
取り扱い取引所コインチェック
・ビットフライヤー
・ビットバンク
発行開始日2017年5月

イーサクラシック|ETC

イーサクラシックは、イーサリアムから分裂した仮想通貨です。イーサリアムクラシックは、基本的にはイーサリアムと同様の機能を持っていますが、発行数に上限があり、減少期を定めている点で異なります。

通貨単位ETC
発行上限枚数約2億1000万枚
特徴イーサリアムより分裂し非中央集権的対応
時価総額ランキング28位(約3,800億円)
取り扱い取引所コインチェック
・ビットフライヤー
発行開始日2016年7月20日

ベーシックアテンショントークン|BAT

ベーシックアテンショントークンは、パブリッシャー、広告主、ユーザが取引に利用できる新しい種類のトークンです。BATを使うことで、デジタル広告の効率性が劇的に向上します。BATの取引はすべて、Ethereumのブロックチェーン上で行われます。

通貨単位BAT
発行上限枚数15億枚
特徴Web広告を発注するユーザーの課題解決のために生まれた仮想通貨
時価総額ランキング75位(約780億円)
取り扱い取引所コインチェック
・ビットフライヤー
・ビットバンク
発行開始日2017年5月

ビットコインキャッシュ|BCH

ビットコインキャッシュは、2017 年 8 月にビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨です。 2017 年当時、ビットコインの需要が急増したことを受け、送金速度が遅延したり手数料が高騰していました。

通貨単位BCH
発行上限枚数2100万枚
特徴ハードフォークを繰り返し、機能面向上を図っている
時価総額ランキング26位(約4,400億円)
取り扱い取引所コインチェック
・GMOコイン
・ビットフライヤー
発行開始日2017年8月1日

モナコイン|MONA

モナーコインは、日本発祥の仮想通貨でMr. Watanabe(わたなべ氏)を名乗る人物によって開発されました。

通貨単位MONA
発行上限枚数1億512万枚
特徴日本初の仮想通貨
時価総額ランキング474位(約51億円)
取り扱い取引所コインチェック
・ビットフライヤー
・ビットバンク
発行開始日2014年1月1日

リスク|LSK

リスクは、Max Kordek 氏と Oliver Beddows 氏が開発した分散型アプリケーション構築のためのプラットフォームです。プログラミング言語にJavaScriptを採用しているのが特徴です。

通貨単位LSK
発行上限枚数上限なし
特徴プログラミング言語にJavaScriptを採用
時価総額ランキング152位(約220億円)
取り扱い取引所コインチェック
・ビットフライヤー
発行開始日2016年5月24日

仮想通貨を買うならビットフライヤー

ビットフライヤーは、取り扱い銘柄がトップクラス。

注目の仮想通貨が上場するのも、ビットフライヤーが他の取引所よりも早いのが特徴です。

よかったらシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次