ブルー”BLUE”の曲・声質・歌声【まとめ】

アーティスト
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブルーについて

ブルー

BLUE

イギリスの4人組・ボーイズグループ

2001年5月デビュー

全世界で700万枚のアルバムと400万枚のシングルを売り上げる

ブルーのメンバー

*トップ画像の写真左から

ダンカン・ジェイムス (Duncan James)

ダンカン・ジェイムス (Duncan James)

1979年4月7日生まれ

イギリス / ウィルツ出身

アントニー・コスタ (Antony Costa)

アントニー・コスタ (Antony Costa)

1981年6月23日生まれ

イギリス / ミドルセックス出身

サイモン・ウェブ (Simon Webbe)

サイモン・ウェブ (Simon Webbe)

1979年3月30日生まれ

イギリス / マンチェスター出身

リー・ライアン (Lee Ryan)

リー・ライアン (Lee Ryan)

1983年6月17日生まれ

イギリス / ケント出身

ブルーの声質・歌声

コーラスグループということもあり音域や声質は5人それぞれです。

声質分析

こちらは私が分析、制作した声質のイメージ画像ですので参考にしてみてください。

とてもバランスが良いコーラスグループだと思います。

基本的なパターンで、

  • ダンカン
  • リー

の2名がコーラスでリードボーカルの立ち位置でいることが多いです。

  • アントニー

はコーラスで下のハモリの立ち位置でいることが多いです。

  • サイモン

はコーラスもできますが、ラップも出来ます。

音域変動に関してはもっとバリエーションがあると思われます。

歌声分析

こちらは私が分析、制作した歌声のイメージ画像ですので参考にしてみてください。

息の量や声をあてる位置は曲によって違います。

こちらもとてもバランスが良いです。

全体的に息の量は多めのメンバーが多いと思います。

というのも外国人の方は発音の関係で息の量は多いです。

リーのハイトーンボイス

ダンカンのハスキーボイス

アントニーのウィスパーボイス

サイモンのチェストボイス

とそれぞれ声質が違いますが、コーラスになると4人とは思えない倍音はさすがです。

声をあてる位置というのはイメージとしては、

声の軸がどの位置にあるかを示しています。

人の絵を自分だと仮定し、●の位置に向かって歌うようなイメージです。

ブルーのようになるボイトレ方法

ブルーのようなボーイズグループやコーラスグループの場合は、

ハモリやコーラスをする事を学ぶ必要があります。

その為に必要なボイストレーニング(ボイトレ)方法や効果、練習方法はこちらの記事をどうぞ。

耳を鍛える

【ボイトレ効果】耳を鍛える→効果と練習方法とコツ
こういった疑問や悩みがありますか? ・音程がとれない ・リズムがとれない ・ハモリのメロディーラインがわからない *疑問や悩みを解決します!耳を鍛えるとは

コーラスを学ぶ

【ボイトレ効果】コーラスを学ぶ→効果と練習方法とコツ
こういった疑問や悩みがありますか? ハモリが出来ない、歌っていると人の声が聞こえない、ハモリのメロディーラインがわからない *こんな疑問や悩みを解決します!

ブルー【まとめ】

プライベートではかなりトラブルが多くあるグループでしたが、

ルックス、曲、スタイルとしてはかなり格好良いボーイズグループです。

ぜひ、沢山の曲を聴いてみてください。

そして、歌の方も練習して上手に歌ってみてくださいね!