個人で稼ぐ時代がきています【難易度高めですがやるべきです】

お金

前回の記事で、
『何でも自分でやる時代は終わる【スキルや時間は買う時代へ】』

と書きましたが、

逆を返せば、

これからは
個人で稼げる時代です。

インターネットやSNSなど、
新しいプラットフォームの出現によって
個人での稼ぎ方はもはや無限といっても過言ではないかもしれません。

さて、
個人で稼いでいる職種は何があるのかみていきましょう。

個人で稼げる職業

最近では、個人で稼げる時代&稼ぐ時代なのです。

本業にしている人はもちろんですが、

本業が別にあり、
副業でも全然稼げる時代なのです。

  • ユーチューバー(YouTuber)
  • インスタグラマー(Instagramer)
  • インフルエンサー(Influencer)
  • ティックトッカー(TikToker)
  • ブロガー(Blogger)
  • ココナラでスキル販売
  • noteでコンテンツ販売
  • 音声コンテンツ配信

など、どれも難易度は高めですが、
やり方によっては定期的に稼ぐことができます。

ユーチューバー(YouTuber)

現在ユーチューバーを知らない人はいないと言ってもいいほど有名になりました。

誰でも動画をアップロードできて、
チャンネル登録者数と再生時間の基準などを超えれば収益化されるという仕組み。

広告収入や企業案件が主な収益ですが、
自分の商品があれば販売もできます。

全世界で毎日とんでもない数の動画がアップロードされていますが、
まだ手薄のジャンルで毎日アップロードしていればチャンスはあるかも?

インスタグラマー(Instagramer)

インスタグラマーは比較的新しい言葉ですよね。
最近では職業ともなってきています。

インスタグラマーは、
フォロワー数が1万人を越えないとインスタグラマーとは言えないかもしれません。

収益の仕組みとしては、企業案件が主な収益です。

有名人は黙っていても、フォロワー数が増えますが、
一般人は何かしら面白味がある投稿を続けないとフォロワー数が増えません。

これは多くの人が日々試行錯誤していますが、
まだ空いているジャンルもあると思います。
チャレンジしてみては?

インフルエンサー(Influencer)

インフルエンサーとは、
世間に与える影響力が大きい人物のことを示します。

わかりやすく言えば、
芸能人や有名人、著名人など、
名前や顔を見れば誰だかわかる人です。

例えば、
あなたの好きな有名人が、
「この香水使ってます!」
と言っていたら、欲しくなったりしますよね。

それで、その香水が売れるという流れになるのが影響力ですね。

そして、この発言力が大きければ大きいほど、
インフルエンサーの力も大きいというわけです。

一般人がインフルエンサーになる方法を知りたいって?

僕も知りたいです(笑)

方法は色々あると思いますが、
可能性として一番大きいのは、

SNSで有名人になることかもしれません。

収益の仕組みとしては、企業案件が主な収益です。

ティックトッカー(TikToker)

動画投稿サイトで、
YouTubeの次にヒットしたプラットフォームではないでしょうか。

元々BGMが用意されていて、
その音楽に合わせて、
踊ったり変顔をしたり面白い仕草をしたりして、
再生数を稼ぎます。

収益の仕組みとしては、
YouTubeへ誘導してYouTubeでの収益に繋げたりしてYouTube側で収益を得る方法などです。

若年層の人気が大きく、
中高生の閲覧数はかなり多いとのこと。

ブロガー(Blogger)

ブログは、

テーマやジャンルを絞って書くのが、
特化ブログ

テーマやジャンルを絞らず何でも書くのが、
雑記ブログ

というのがあります。

最近の流行では、
テーマやジャンルを4,5つにメインに決めて、
かつ、別テーマやジャンルの記事も書いて、
まるで雑誌のようなブログを
雑誌ブログ

という方も増えてきました。

このブログも、
雑誌ブログを目指しています。

収益の仕組みは、

  • グーグルアドセンス
  • アフィリエイト
  • 自分の商品を販売

が主な収益です。

ココナラでスキル販売

以前書いた記事でも
ココナラでスキルを販売できることを書きました。

自分の得意なことを販売できるんです。

  • 似顔絵の作成
  • SNSアイコンの作成
  • ロゴの作成
  • 動画の編集
  • 結婚式ムービーの作成
  • 画像編集
  • 音楽の作成
  • BGMの作成
  • お金の運用アドバイス
  • 企業や開業のアドバイス

など、販売できるものは何でもありです。

ここで、
「自分には何ができるのか?」
を考えてみましょう。

あなたのスキルが必要な人がいるかもしれません。

まずは、どんなスキルが販売されるいるかを見てみるだけでも面白いと思います。

無料会員登録はこちら

noteでコンテンツ販売

まだ聞いたことがない方もいらっしゃると思いますが、
近年、かなり目立ってきている
新しめのプラットフォーム「note」です。

  • テキスト
  • 画像
  • つぶやき
  • 音声
  • 動画

を有料で販売が可能です。

自信のあるオリジナルコンテンツを制作して、
有料で販売してみてはいかがでしょうか?

もちろん、
無料での投稿も可能です。

収益はコンテンツが売れれば売れるだけ収入として入ってきます。

音声コンテンツ配信

こちらはまだ個人で稼ぐというまでの実績を出している先駆者はなかなかいません。

要するに、
音声コンテンツ番組を持っている方に
企業が興味を持ち、
商品を紹介して欲しい。
ということからお金の話がスタートします。

現在のところ、
個人で音声コンテンツを配信している人に目立っている人はいませんが、

近い将来、
音声コンテンツがくる。
と言っている方が多くいます。

これはまだブルーオーシャンだと思います。

まだまだチャンスがあるジャンルだと思いますので、
チャレンジしてみる価値ありです。

まとめ

色々と職種を紹介してきましたが、
どれがオススメとは言い難いところがあります。

どれが合っているかは人それぞれです。

むしろ全てやるべきだと思っています。

タイトルでも書きましたが、
【難易度高めですがやるべきです】

そして、やるにあたって大切なことが2点あります。

  • 諦めずに続けること
  • 自分の商品を作る

この2点は個人で稼ぐにあたって
全ての職種にも当てはまると言っても
過言ではありません。

要するに自分自身が商品となる。
ということが大切ということです。

タイトルとURLをコピーしました