作詞のトレーニングにはツイッターを使うと良い理由【142文字の魔法】

こんな経験はありませんか?

  • 作詞したけど何を伝えたいのかんからなくなった
  • 文字数が多過ぎてメロディーにハマらない

こんな疑問にお答えします。

作詞のトレーニングにはツイッターを使うと良い理由

作詞は音楽に乗せる言葉を書くことです。

ということは、ボエムとは違い文字数が限られています。

なぜツイッターが良いのかというと、

ツイッターは142文字以内までの投稿が可能という点です。

作詞をしていく上で、

僕の考えは、

足していく言葉より、

減らしていく言葉の方が良い。

と思っています。

言葉を減らすということは、

メロディーにハマらないほどの言葉の量が多いということです。

ですが、

そこから言葉を削り、減らしていく上で

選ばれた言葉達が残り、

言葉に深みが増して、

歌詞(歌)の内容が良くなると感じています。

そのトレーニングとして、日々感じた事やあったことをツイッターで日記の様に書いてみるのが良いと思います。

142文字の魔法

1日のまとめとして、1日を142文字で収めるトレーニングをしてみるのはどうでしょうか。

ただひたすら言葉を書きなぐり、

箇条書きで良し、

はじめは投稿限度文字数を超えてしまっていてもいい、

そこから伝え方や言い回しを変えたり、誤字脱字や不必要な言葉を見つけ出す。そもそも一番言いたい事は何だったのかを改めて考えて、また書き直し。

ここで、

  • 誰かに共感されたい!
  • いいねされたい!
  • リツイートされたい!

という願望があるとさらに言葉選びに力が入り良いと思います。

やはり作詞するということは、聞き手に伝わるな言葉を選び、作り出さなければなりません。

その為、他人からの評価が欲しいと思うことはとても良いことです。

そして厳選された142文字を投稿。

に至るわけです。

ぜひ、142文字の魔法をトレーニングしてみてください。