【リズムトレーニング効果】リズムの裏(裏拍)の取り方→効果と練習方法とコツ

裏を感じるボイトレのやり方
ボイトレのやり方

裏を感じる

こういった疑問や悩みがありますか?

  • リズムの裏と表ってなに?
  • リズムに裏があるの?
  • リズムの裏の取り方がわからない

*こんな疑問や悩みを解決します!

スポンサーリンク

テーマ:リズムの裏(裏拍)の取り方

リズムトレーニングをするにあたって重要な要素です。

リズムの裏(裏拍)の取り方とは何か説明致します。

効果:リズムの裏が取れれば確実にリズム感がアップします

結論から言うと、

裏拍を正しく理解することで、確実にリズム感がアップします。

裏拍自体をわからない人にもわかりやすくご説明します。

練習方法1:リズムの裏はどこでも感じれる

唐突ですが、

1、2、3、4、の「、」が裏拍です。

もっとわかりやすく言うのであれば、

1ウン2ウン3ウン4ウンと口に出して言ってみてください。

「ウン」が裏拍です。

ボイトレの世界でも、ダンスの世界でも基本

裏(裏拍)を「ウン」と使うことがスタンダードな言葉です。

さらにもっとわかりやすく言うのであれば、

1ウン2ウン3ウン4ウンのリズムで、

数字のところで手拍子してみてください。

自然と「ウン」手が離れると思います。

ここが裏拍です。

まだあります。

1ウン2ウン3ウン4ウンのリズムで、

数字のところで頷いてみてください。

自然と「ウン」のところで頭が上がると思います。

ここが裏拍です。

実は、最後に紹介した方法が一番良い感じ方です。

なぜかというかコツのところで紐解いていきましょう。

練習方法2:リズムの裏の取り方は正確なほど良い

リズムとは正確なものです。

歌唱テクニックとして、リズムをズラして歌うことはありますが、

基本としてはリズムは正確でズレない方が良いです。

正確なリズムを確保するにはメトロノームを使うと良いでしょう。

スタジオやライブハウスで必要な時が必ず来ますよ。

コツ:リズムの裏(裏拍)は頭じゃなく体で感じる

リズムとは、

頭で理解することではなく、

体で感じることをしなくてはいけません。

なぜかというと、

歌っているときリズムのことを頭で考えると、

その他のことに支障が起こるからです。

歌唱中は何も考えずに体で歌う事!!

まとめ:リズム感トレーニングはとっても重要

リズム感のトレーニングはどこにいても出来ます。

ただ常に意識しているかどうかです。

きっと歌にも成果がが出てきますよ。

さらに言えば、表と裏の間にもリズムがあります。

それはまた別記事でご紹介します。