【感情表現トレーニング効果】本を読んで想像力を鍛える方法→効果と練習方法とコツ

ボイトレのやり方
ボイトレのやり方

こういった疑問や悩みがありますか?

  • 本って文字が多くて苦手
  • 本を読むメリットって?
  • 歌手志望なのに本を読むの?

*こんな疑問や悩みを解決します!

スポンサーリンク

テーマ:本を読んで想像力を鍛える方法

感情表現トレーニングをするにあたって重要な要素です。

本を読んで想像力の鍛える方法とは何か説明致します。

効果:本を読むことによって想像力がアップします

結論から言うと、

本を読むことによって想像する能力がアップします。

本の何が良いかというと、

活字だけでの本の中で、風景を頭の中でイメージすることにより、

想像力が必ずアップします。

想像できるようになれば、

自分にない世界観の曲・歌詞でも対応できるようになり、

感情表現の幅も広がります。

さらに、発想力や、語彙力などもアップします。

練習方法:想像力を鍛えるには小説が良い

小説は物語が中心でできています。

その為、想像力を働かせる機会が多くなります。

挿し絵のない小説なら、なお良く活字だけで想像して物語を進んでいかなくてはなりません。

まずは短編小説から読んでみて、

絵をイメージしながら読むことに集中してみるのもいいと思います。

コツ:本を読むのが苦手な方は、ドラマや映画の原作を読む

本を読むのが苦手な方は、ドラマや映画の原作を読むというのがおすすめです。

お恥ずかしい話ですが、僕は本を読むのが苦手です。

ですが、観たことのあるドラマや映画などの原作は何度も読んだことがあります。

観たことのあるドラマや映画だと結末がわかったしまっている場合もありますが、

そんなことは気にせずに、絵をイメージしながら読むことに集中してみるのもいいと思います。

まとめ:本を読むということは良いことだらけ

幼い頃から本と触れ合う機会がない人は大人になってもない人が多いと聞いたことがあります。

子供への読み聞かせも良い教育とされていて、

やはり想像力や発想力などの勉強になるといわれています。

この記事を読んだ後にフラッと立ち寄った本屋さんで気になったタイトルの本を買ってみるのも良いかもしれません。

必ず、これからの人生に役立つ力が身につくと思います。