感情表現を豊かにする方法を教えます!歌詞を伝えられるボーカリストになりたいと思っていませんか?

ボイトレのやり方
ボイトレのやり方

こういった疑問や悩みがありますか?

  • 感情表現って?
  • 感情表現が豊かになりたい
  • 感情を表現するのが苦手

*こんな疑問や悩みを解決します!

スポンサーリンク

感情表現を豊かにする方法を教えます!

感情表現をトレーニングをすることはボーカリストにとってとても重要な要素です。

この記事では、感情表現を豊かにする一番簡単な方法を教えます。

歌詞を伝えられるボーカリストになりたいと思っていませんか?

結論から言うと、

歌詞を文章として読むことです。

メロディーに乗せずに文章として読んで、

歌詞や言葉、文章の意味を理解します。

効果としては、

歌詞の意味を強く伝えられるようになります。

歌い手側が歌詞の意味を理解すればするほど、

その曲がさらにメッセージ性を増して、

聴く側に対してより強くメッセージを伝えられる役目ができます。

歌詞というのは決められた文字数の中で選ばれた言葉たち

まずは、歌いたい楽曲の歌詞を文章として読んでみましょう。

どうゆう歌詞の意味なのか、改めて感じてみるのが良いと思います。

歌詞というのは決められた文字数の中で選ばれた言葉たちなので、

とても伝えたい思いなどが凝縮されていて、

歌詞として曲の中でとても強いワードとなっています。

歌詞の意味合いなどを自分なりに理解、解釈してみましょう。

選ばれた歌詞の中で、さらに選ばれた歌詞を見つける

先ほどもいいましたが、

歌詞というのは決められた文字数の中で選ばれた言葉たちです。

その中でも、

さらに強いワード=曲のキーともなるワードがあるはずです。

いってしまえば、その曲の中で一番伝えたい歌詞です。

選ばれた歌詞の中で、さらに選ばれた歌詞を見つけることは重要です。

その言葉を見つけて、それを基準と考えて歌詞を紐解いていければ

さらにその曲の歌詞の意味を理解、解釈することに繋がると思います。

難しそうですが、とりあえず一番好きな曲でチャレンジしてみると良いと思います。

まとめ:歌詞の意味を理解すれば歌声に変換される

スポンサーリンク

歌詞の意味を理解して歌を歌えば、

自然と感情が歌声に変換されてきます。

何も考えずに歌うのとは雲泥の差が出てくると思います。

ボーカリストは歌で言葉を伝えられるという大切な役目があります。

ボーカリスト以外は歌で言葉を伝えることができません。

そのため、ボーカリストは歌詞の意味を理解している必要があります。

自分で作詞をして胃れば、自然と歌詞や言葉の意味を伝えられていると思いますが、

他人が書いた歌詞ではなかなか感情移入することが難しいです。

その為、このトレーニングはとても重要になってきます。

ぜひ実践してみてください。