Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【感情表現トレーニング効果】映画を観て想像力を鍛える方法→効果と練習方法とコツ

スポンサーリンク

映画を観て想像力を鍛える方法

こういった疑問や悩みがありますか?

  • 想像力がなくて恥ずかしい
  • 映画を観るメリットって?
  • 歌手志望なのに映画を観るの?

*こんな疑問や悩みを解決します!

スポンサーリンク

テーマ:映画を観て想像力を鍛える方法

感情表現トレーニングをするにあたって重要な要素です。

映画を観て想像力の鍛える方法とは何か説明致します。

効果:映画を観ることによって想像力がアップします

結論から言うと、

映画を観ることによって想像する能力がアップします。

映画の何が良いかというと、

映画は大体2時間程度で観る事ができます。

2時間程度の中で、

物語の始まり、変化、解決、終わりなどが凝縮されています。

練習方法:映画は観る目線によって違った

映画も同じく言葉は限られていて、

登場してくる人物も大勢で、色々な登場人物で1つの物語を作っています。

さらに言えば映画は観ることが出来るので何も話さなくてもいい時間さえあります。

色々な目線での感情を感じることが出来るのでとても良い方法だと思います。

ちなみに僕は1本の映画を見て1曲分の歌詞を書いていました。(曲名は映画のタイトルとかでした)

シンガーソングライターを目指している方にもとても良い練習方法だと思います。

コツ:まずは恋愛系の映画を観る

恋愛系の映画では、

男女の物語が多いです。

または三角関係、不倫などドロドロしている内容のもあります。

男性男目線の気持ちと女性目線の気持ちを感じて観るのも良いと思います。

異性の気持ちを想像して観るとさらに良いでしょう。

やはり、男性は女性の気持ちがわからなきて、

女性は男性の気持ちがわからない生き物です。

これは仕方がありません。

だから出会いや別れがあるのです。

感情移入するには恋愛系の内容が一番良いです。

まとめ:本を読むということは良いことだらけ

先ほどもいいましたが、

映画は2時間程度で完結し、黙っていてもどんどん話は進んで行きます。

この記事を読んだ後にフラッと立ち寄ったレンタルビデオ屋さんで気になったタイトルの映画を借りてみるのも良いかもしれません。

必ず、これからの人生に役立つ力が身につくと思います。