練習をサボると痛い目にみる【ノートレーニング、ノー成果】

ボイトレのやり方
スポンサーリンク

こんなことを感じてませんか?
  • 最近、なんか歌が下手になった気がする…
  • 周りからも褒められなくなった

こんな疑問にお答えします!

 

スポンサーリンク

練習をサボると痛い目にみる

結論から言うと、練習をサボるとどんどん下手になっていきます。

 

昔、歌が上手いと自信があった人でも、

練習をやっていなかったり

ずっと音楽から離れていると

当たり前のことですが、下手になります。

 

それは、なぜか、

やはり体が変わっていくからです。

 

筋肉や、せっかく覚えていた歌が上手かった時の癖や感覚を忘れていくからです。

 

どう改善していけばいいのか?

1番の改善策としては、

何より音楽と触れ合うことではないでしょうか。

 

歳を重ねるごとに色々なしがらみの中で生きていかなければならなくなります。

そこでどう音楽と向き合うかが重要になってくると思います。

 

例を挙げてみるとすれば、

  • ライブの日を決める
  • バンドやグループなどに参加する
  • 楽器を買ってみる

などと、強制的に音楽と触れ合う機会を作るべきなのです。

 

人間はすぐサボってしまいます。

そして、慣れてくるものです。

 

必要でないと思えば、

体の方も忘れていくものです。

 

逆に、

常に新しい自分を探し、トレーニングを続けていると必ずプラスの方向に進むことでしょう。

 

音楽がいつも近くにある環境をオススメします。

ノートレーニング、ノー成果

"トレーニングをしなければ成果は出ない!"

言い方を変えれば、

 

"努力した人は報われる!"

 

日々のトレーニング・意識が大切です。