喉はある程度イジめるくらいの方が良い【ガムシャラに大声を出すという意味ではありません】

こんな経験はありませんか?
  • 喉が痛くなったから歌うのをやめよう
  • 昨日、歌い過ぎたから今日はやめておこう

こんな時は逆にこうします。

喉はある程度イジめるくらいの方が良い

結論からいうと、

喉も甘やかすと甘えてきます。

甘えてくるというのは、弱くなってきます。

 

僕は以前、カラオケボックスで7時間くらい歌い続けていても、最後まで全然平気で歌えていた経験があります。

 

むしろ、後半になるにつれて、

めっちゃ良い声

になっていたりしました。

 

これはなぜか、

毎週土曜日、カラオケボックスのオープン10時から17時まで

1人カラオケで練習に励んでいました。

(当時はヒトカラ なんて言葉はありませんでした)

 

自分でいうのも恥ずかしいのですが、

僕の声は調子が良い時は凄く良い声です。

 

でも、

それくらいの自信を持っている時の方が自分にとっても必ず良い効果が現れます。

 

喉をイジめるとは

ガムシャラに大声を出すという意味ではありません。

やたらめったら沢山の曲を歌うという意味でもありません。

 

目的をもって自分の課題となる曲を練習したり、

苦手な事を克服するようにボイストレーニングをやったりすることで、

喉に負担がかかり、結果

痛めつけるという表現を使っています。

 

喉も歌唱用として使っていないとどんどん衰えてきます。

これは何にでもいえることです。

さらに言えば。喉だけではありません?

舌や唇や、表情筋や腹筋など色々な所も衰えてきます。

年を重ねるにつれての衰えもあるでしょう!

その為に、定期的なボイストレーニングは必要となるわけです。